Medical Trainer

ごあいさつ

わたしも以前はコンプレックスのかたまりでした。
小柄でやせていることに。
運動と言えば部活動などやるもののつづかない・・
自分をかえたい、かわりたいの一心でトレーニングに励みかわっていく自分が楽しくなり、自分に自信を持てるようになりました。
それを期にスキー、空手、など様々なスポーツにはまっていきました。
その頃には49kg代の体重が65kgまでビルドアップ。
この「自分をかえられる」事の素晴らしさを人に伝えたい思いでスポーツトレーナーの世界へ飛び込んですでに20年程が経ちました。
これまでの指導させて頂いたクライアント様は500人以上はなると思います。
現在はトータルフィットネスB-LABを運営し皆様にも「人はかわれる」ことのすばらしさを、人生を謳歌できるようお手伝いしています。
経歴 大手スポーツジム勤務後、整形外科リハビリ室勤務、競技チームトレーナー、個人のパーソナルトレーナーとして指導趣味 ロードバイク、トレッキング、ゴルフ、その他多数特技 スキー、ものまね。
1-DSC_2943

LINEでお家でダイエット!

オンライン・ダイエット

  1. あなたの理想とする体形や体重を実現するトレーニングメニューを作ります。 
  2. あなたの体力に合わせたメニューで指導いたします。
  3. 時には厳しく時には優しく二人三脚で行いますので継続できます。
  4. 「BLABオンライン・ダイエット」はお持ちのスマホやパソコンで行います。
  5. 目の前にトレーナーがいる感覚で不安なく取り組むことができます。 

オンライン・ダイエット

LINEビデオ通話で自宅にいながらトレーニング。あなただけのトレーナーが理想のカラダに導きます。

IMG_20181227_150755_950

福津市のトレーニングジム

B-LAB

トータルフィットネスB-LABは福津市のスポーツジムです。

「自分のカラダは変えられる」

カラダが変われば自信がつき、考え方生き方まで変わります。

一番大事なのは「目指す理想のイメージ」を強く持ちつづける

こと。そして「継続」することです。

医療に強いメディカルトレーナーが、無理のないスケジュール

を作り、理想の自分に近づいて頂くためB-LABは全力でサポトさせて頂きます。

コース 説明 月会費(税込み)
初期登録費
3,000yen
ベーシックコース
通常のコース。食事サポートあり。
8500yen
レッスンコース
メンバー登録で月4回のレッスンが受講できます。
1,000yen/1回 3,000yen/4回(メンバー登録)
ファンクショナルダイエット
しっかり食べて健康的に痩せるダイエット。
29,800yen~(初夏登録料不要)
ビジター
メンバー登録なしの方。
2,000yen

コース案内

上記以外にもたくさんのコースをご準備しています。あなたにあったコースがきっと見つかります。

スタジオ・レッスン

いろいろなスタジオ・レッスンもございます。スケジュールはこちらから。

B-LAB ネットショッピング!

食べてDIET!

理想とするカラダを作りには、食べることが一番大事です。 トレーニングの後や日々の食事に、もうひとつ付け加えてみませんか?

お久しぶりです。 B-LABオーナーの独り言です。 季節も春に近づき、カラダを動かそうと言う気になっている方も多いのではないでしょうか。 そういった方に必見です。 今回はカラダの「ストレッチ」についてお話します。 ストレッチには様々ありますが、今回は筋肉をゆっくりと伸ばしていく 「スタティック・ストレッチ」についてです。 何年か前に{あなたもこれで開脚が~}と言う本やTVを見たことがあります。 こう聞くと特別な方法があるように感じますが、個人的にはそんな事はないと思っています。 要はストレッチのやり方だと思います。 「ストレッチをやるけどカラダが柔らかくならない」 と良く相談を受ける事もあるのですが、見ているとそういった方々に共通点があります。それは ストレッチのやり方に問題があるようです。 今回は「スタティック・ストレッチ」の正しいやり方について。   ・反動を使わず、ゆっくりと伸ばす 筋肉や腱のなかにはそれぞれ筋紡錘、腱紡錘といった筋肉の長さを観察しているセンサーがあります。 急激に反動を使って伸ばしたり、痛みを感じるほど伸ばしたりするとセンサーが「切れる」と 危険を感じて切れる事を防ぐために「縮みなさい」という指令をだします。 ストレッチをするときは、このセンサーのスイッチをいれないことが必要です。 反動を使わず、ゆっくりと伸ばしましょう。   ・伸ばしている時間 ゆっくりと伸ばしたらその位置で20~30秒間静止します。 この静止することが先程お話したセンサーにスイッチをいれずにゆるめることになります。 20~30秒静止をさらに2~3セット行うと更に筋肉がゆるみます。   ・呼吸 伸ばしている時は息を止めずにゆっくりと呼吸を行います。 呼吸を止めて力むと筋肉も力みます。   ・正しいフォームで行う 筋肉を伸ばすことに一生懸命になってフォームが崩れないように行います。 フォームが崩れて行うと目的の筋肉をゆるめる事が出来ないどころかケガの原因にもなります。   ・伸ばしている筋肉を意識する トレーニングもそうですが、ストレッチも伸ばしている筋肉を意識することはとても重要です。 かたちだけをするのではなくて、意識をして行うことです。   ・習慣的に行う ストレッチの習慣がない人が、たまにストレッチをしても筋肉を覆っている筋膜しか伸びません。 習慣的にストレッチをしている人は筋膜の中の筋繊維を構成しているサイコメアという器官にまで 影響をあたえています。   ちょっと長くなっちゃいました。 今回はここまで。 いかがでしょうか?無理をせずにコツコツとやってみませんか。                  

意外と知らないストレッチのやりかた

「出来ないのか、やらないのか」 この言葉はよく聞きますし、自分自身にもよく問いかけることです。 2つの言葉は似ているようでまったく別の意味合いがあります。 「出来ない」は一度はチャレンジしていてその結果できなかったと。 しかしそこから何か得る物があったり、再度研究したり練習したりと先に何か可能性を感じます。 「やらない」は踏み込んでもいないので何か先につづく可能性もありません。 私自身の周囲でもこの「やらない」人は多く見かけますし世間でも多いのではないかと。 人は新しい事に挑戦しようとする時「できる」「できない」で判断してしまう傾向にあるそうです。 頭のイメージだけが先行してしまい、その先にある不安や恐怖だけが膨らんでしまう。 そして多くの人は「出来ない」理由を探しはじめると。 自転車に乗れた日のことを思い出してみてください。 初めから乗れた人はまずいません。 何度も転んで膝を擦りむいて。次の日もまた挑戦してその次の日も・・ そしていつしか乗れるようになると。乗れた時の感動はなんともいえません。 大切なことは「できる できない」ではなく「やるか やらないか」。 年を重ねると物事を自分で判断できるようになります。 経験から先が見えるようになり他人の気持ちも考えれるようになり色々なことを考えれるようになります。 他人に迷惑をかけないように気を使い、人目を気にするようにもなります。 「やらない」「やらない理由を探す」人の多くは「出来なかったら」とか「迷惑かけたら」など 自分自身が周りからどう思われているか気にしすぎているのではないでしょうか。 私もその一人です。 30代のころに気付きました。まわりが自分が思っているほど見ていないことに。   「人生は限られた時間しかありません」 今年は何かチャレンジしてみませんか。 大丈夫です。みんな初めは自転車に乗れませんでしたよ。

出来ないのか、やらないのか。

こんにちは。 B-LABオーナーの独り言です。 運動指導をしていて良く見かけるのは ドローイング(複式呼吸)が苦手な方が多い事です。(特に女性) 何故女性の方が苦手なのか・・ 色々説はありますが理由の一つとして妊娠をきっかけに胸式呼吸になれてしまうと言う説。 他の説としては欧米人との言葉の発音の仕方の違い。 日本語の発音は複式を必要としないなどです。 ではドローイングとは? 簡単に言うと複式呼吸にお腹を凹ませる動作を組み合わせる事です。 効果としては「横隔膜」を鍛える事が出来ます。 「横隔膜」を鍛えると何故良いのか? 横隔膜は内臓を支えています。 なので横隔膜が弱まると内臓が下がってしまいます。 良く見かける中高年の女性の方の下腹部のポッコリはこれです。 ですので横隔膜を鍛えると内臓が支えられてお腹がスッキリします。 もう一つの効果としては「体幹」が鍛えられます。 体幹が鍛えられれば、身体の基本的な動作にブレが生じにくくなります。 ではドローイングのやり方は? ドローイングのやり方を説明しても上手くできない方も多いようです。 そこで簡単にやり方を習得出来る方法は・・・ それは「風船」を膨らませる事をオススメします。 お腹から息を吹き込まないと意外と風船は膨らみません。 100金でも風船はおいてありますし、安くて鍛えられます。 いかがでしょうか? これであなたもお腹スッキリ!    

ドローイング。

お久しぶりです。 オーナーの独り言です。 今回は前回までの食事の続きと言う訳ではないのですが、 女性がダイエットに取り組むときによくやる「ダイエットあるある」話です。   わたし:「Aさ~ん、最近食事気を付けれてますか?」 Aさん:「はい。野菜を中心に頑張ってます。」 わたし:「・・・」   たいていのこう言ったときは野菜ばかり食べているか、 バランスがくずれていてたんぱく質が足りていない・・ 何故いけないのか?それは前回までのブログで説明していますので今回はふれません。 では何故ダイエット=野菜中心になってしまうのか? 理由は色々とあると思いますが考えられるのは   1:野菜はカラダに良くてカロリーが低い 2:肉は脂肪が多くて太る原因に 3:TVのダイエット番組を見た   1:に関しては確かに野菜は必要でカラダにとって良いのですが、栄養バランスがよくありません。 一時的には痩せても同時に筋肉も失ってしまいます。 その先は前回までにふれていますのでここでは説明は致しません。 2:に関しては私がこのお仕事の世界に入って間もない頃、その当時の学者の方がTVで 「肉の油や脂肪が肥満の原因です」って言っていたのを覚えてますが その当時の内容がいまだに呪文のように残っているのかな。 3:そのままTVの影響   こういった間違いはいまだに多く見られます。 みなさん、どうですか?もうそろそろこの呪文から解き放たれてみましょう!    

野菜中心のダイエット?

ToTALFITNESS B-LAB

トータルフィットネス ビーラボ

〒811-3219 福岡県福津市西福間1丁目14−21

0940-43-2758